高尾山へプチ遠足

去る10月の某日、高尾山へ遠足気分にて出かけた
前日飲み過ぎたことが少々たたり、予定の時間よりだいぶ遅れての出発
京王線の高尾山口駅から、ケーブルカーの高尾山駅に向かう
時間の都合、ケーブルカーへ乗車
高尾山駅<ケーブルカー>の外観
高尾山駅<ケーブルカー>の外観

ケーブルカーといえば、六甲山にある六甲ケーブルに今年乗ったばかり
基本的に作りはほとんど変わらないようで、懐かしい感じ

高尾山ケーブルカーから前方を見るとこんな感じ
高尾山ケーブルカーから前方を見るとこんな感じ

乗り込んでしばらく行くと中間点が見えてきて、下りとすれ違う場所が見えてくる

経路の中間点にてすれ違うケーブルカー同士
経路の中間点にてすれ違うケーブルカー同士

すれ違うときは、なかなかの迫力
ここまでの勾配はそこまで急ではなかったが、これからの勾配は結構、ッパねぇーことに

中間点を過ぎるとかなりの急勾配
中間点を過ぎるとかなりの急勾配

後方を見下ろすと、見た目にも結構な勾配
車内も結構な角度がついていて、後ろから前に歩くことが困難に
さらに、前から後ろはたぶん無理、だと思う
車内でアナウンスがあり、記憶だと確か30度は超えていたような

駅に着き、そこからの景色を眺めたけど、そこまで良い感じではなかっため、その画像は割愛
ちなみに、中央自動車道が良く見えた

さて、ルートをどうしようかということになって、看板にて確認
吊り橋がある、ということが8割くらいの理由で、頂上へ迂回して登るコースを選択

高尾山を登っているはずなのに、どうも下りが多いコースではあったが、
東京都の貴重な自然を楽しむには十分だった
ただ、今年の豪雨の影響もあり、登山道がところどころ崩れていて、道幅が狭まっていた
そこはさすがに落ちたらヤバそうな場所だった
高尾山も意外と危ない
下山してくるひとばかりとすれ違うこと、1時間弱かな、吊り橋が見えてきた

吊り橋のあるルートから行きました
吊り橋のあるルートを選択

お決まりで、適度に吊り橋が揺れるように渡り、さらに歩く、、、

こんな大量の木を見るのは意外と久しぶり
こんな大量の木を見るのは意外と久しぶり

登山道を歩き始めてからそうだったけど、よく考えてみると、これだけの木に囲まれることはなかなかない
自然のなかにいるとやっぱり気持ちが落ち着く気がする
さらにしばらく歩くと、いつの間にか高尾山の頂上広場に到着
頂上の広場は意外と広く、西方面がひらけていて、そこから富士山が見えた
頂上広場から富士山が見えた
頂上広場から富士山が見えた

さすがに富士山は高くそびえておりました
しばらくの休息後、下山の道へ
急な石段を下ってゆくと、朱色鮮やかな建物が目に飛び込んでくる
飯縄大権現堂というらしく、薬王院の一部とのこと
朱色が鮮やか
朱色が鮮やか

さらに下がってゆくと、どこからか法螺貝らしき音が聞こえてきた
ぱっと下を覗き込むと、山伏(?)が歩きながら、吹いている
法螺貝を吹く山伏(?)に出会った
法螺貝を吹く山伏(?)に出会った

このまま目の前を通り過ぎ、薬王院本殿の中へと入って行った
高尾山薬王院有喜院
高尾山薬王院有喜院

高尾山薬王院有喜院へ到着
いろいろな角度から眺め、線香とお賽銭をあげ、お祈り
ひと通りすませ、さらに下ってゆく
薬王院の付近は、杉の大木がかなりの迫力で、花粉も凄そう
このままケーブルカーの駅に向かい、再び麓まで逆戻り

小腹がすいたので、楽しみにしていたとろろ蕎麦を

とろろ蕎麦って意外と・・・
とろろ蕎麦って意外と・・・

とろろ蕎麦って出てきたときの見た目に迫力があり、とろろもボリュームたっぷりに見えるけど、
食べてゆくうちに、とろろが汁に混ざってゆくことによって、そこまでとろろを満喫できない
なんとなく、不完全燃焼な蕎麦だということに気付く
これにご飯を入れて、おじや的なものにしたらさらに楽しめていいかもしれない
蕎麦とはいえ、汁を全部飲むのはさすがに厳しいから

いやー、高尾山、なかなか楽しめます
本格的トレッキングをしたい場合は、陣場山まで行けば6時間程度の行程になるようなので、
そっちもチャレンジしてみたい、なんて思いましたね

10,000 Samba(横浜赤レンガ倉庫)

The Boomの宮沢和史さんが中心となって開催された10,000サンバへ行って参りました

無料イベントだったため(目的はGilbert Gilですが、もちろん)、整理券配布開始に合わせて向かう

10時配布開始ということで、ちょうどくらいに着くと、既に相当数の方々が列をなしており・・・

約1時間ほど並び、やっとこ整理券を手に入れる(11時過ぎになっていた)

並んでいる間にノドがかわいてしまったため、すぐに生ビールにてノドを潤し、ちょっとばかり腹ごなしも必要だというわけで、クアアイナにてポテトを(こっちも結構並んでいたのですよ)、次のビールは赤レンガ地ビールを

そんなこんなで、開場の12時を過ぎ遠目から様子を眺め、適度な頃に入口付近に向かい状況把握から

しばらく見ていた様子から、急いで柵の中に入らなくてもいいだろうということになり、再度ビールを購入しに

ビールに気を取られている間に開演時間13時になったため、慌てて戻ったら、外からで十分じゃん、ということになり敢えて入場はしなかった(行った方はわかると思うのですが、腰くらいの柵に囲まれた整理券用スペースがステージ前方にあるだけで、ステージサイドからでも十分観ることができるセッティングだった)

こんな感じでステージが十分見える
こんな感じでステージが十分見える

そんな訳でThe Boomからスタート(ちなみに一緒に行ったK氏はこの時点でビール4杯ほど)

Gilbert Gilが始まり(ちなみにK氏はライブ中もこまめにビールを買いに向かう)

flickrにいい写真があったので→こちら 最後はGANGA ZUMBA

しかし今年はアースデイに始まり、World Happiness、10,000 SambaとGANGA ZUMBAを3回も観た

数ヶ月の間にこれだけの回数ライブを観たアーティストは、これまでもこれからもいないかもしない

アンコールでGilbert Gilと「島唄」を演ったのは、ちょっと盛り上がった(K氏のビールは7杯以上)

大桟橋にはASUKA IIが出港を控えていた
後ろにはASUKA IIが見える

別に興奮したのが、飛鳥IIが見えたこと

船体の立派さと大きさ(タンカー等に比べたら小さいが)はさすがに圧巻(あと郵船のマークもいいね)

調べてみたら、8月31日〜9月13日:秋の日本一周、9月13日〜15日横浜発着クルーズというスケジュールで、15日以降は特別予定がないようなので、次のクルーズまでメンテですかね

詳しくこちらを:郵船クルーズ

Festival Brasil ’08

第3回ブラジルフェスティバル(代々木公園)

昨年も行ったけど、今年はさらに外国人率が高まった気がする

確実に半分以上はいるはず、、、

そんな状況だから、日本にいる感覚が少しばかり遠ざかる

土曜日の天気は大丈夫だったんだけど、日曜日は5時頃から雷雨で大雨・・・

それでも野外ライブを観続けたため、ずぶ濡れに・・・

普通の服であそこまで濡れたのは、人生で初だというくらいずぶ濡れ

しかし、おかげで、テンションも異常に上がってしまい、相当満喫

公園脇の道路にてバテリアが
公園脇の道路にてバテリアが
Festival Brasil '08(晴れていたときのライブ)
Festival Brasil '08(晴れていたときのライブ)

下北沢再開発

小田急線下北沢駅上の歩道橋より小田急線下北沢駅上の歩道橋より

小田急線の下北沢駅は現在改修工事をしている

東北沢〜世田谷代田まで地下化されるよう(詳しくはこちら

それに合わせて、駅周辺も再開発されるようで、そうなるとこんな歩道橋などなくなってしまうのでしょう

地上を電車が走らなくなると、だいぶ変わってしまいそうで、なんだか不安・・・

夏フェス!!

ステージ方向
ステージ方向を見て

“World Happiness”へ行ってきた

個人的に今年初の夏フェスだったので、結構楽しみにしての当日

ついてすぐにビールを飲み、そのまたすぐにビール、ちょっとしてビール、そんでもってビール、という感じで結構ハイペースでビールを堪能

チョーノリノリの友人
チョーノリノリの友人

しかしやっぱり音楽と外の空気とビールは最高!!

このイベント自体はサマソニと同日だし、夜は東京湾の花火大会もあり、企画の緩さが感じられたが、実際来ているひと達はそうとう緩かった、、、斜め前のグループはオセロしていたし、手作り弁当を持参しているグループもちらほら

でもこのフェスの趣旨もそのような緩さにあるようなので、ひとそれぞれの楽しみ方ができるフェスということ

音楽を聴きながら、野外でゆったりまったりと過ごす、そんな夏フェスもまた趣き深いものがあった

日没後のステージを望む
日没後のステージを望む

ある日の午後

干してある布団がパンストでとめられている・・・
干してある布団がパンストでとめられている・・・

買い物に出かけたある日

ふと目に飛び込んできた光景は、干してある布団をパンストでとめているものだった

パンストの履く方(上部)が外側を向いているのが、なんとなく面白かった

天気のよい、夏らしい一日のひとコマ