João Gilberto in Tokyo

ジョアン・ジルベルト

言わずと知れた、ボサノバの創始者であり神様

そんな神様が2003年に初来日した模様を収録したCD

当初ライブCDの発売予定は一切なかったが、ジョアンが日本(観客、文化等)に深く感銘を受け、

彼個人用として収録されていたDATを音源として制作された

2003年9月12日東京国際フォーラムにて演奏された1、2曲目と16曲目以降の6曲、計8曲以外が収録

収録されていない曲は、ノイズ等の問題でCD化には相応しくなかったとのこと

ちなみに16曲目以降のラインナップは、

「シェガ・ヂ・サウダージ」「デサフィナード」「フェリシダージ」「イパネマの娘」など

ああ、なんて名曲揃いなんだろうか

CD化自体が奇跡とはいえ、その奇跡にさらなる奇跡が重なることはなかったわけだ、惜しい

これからの季節、昼下がりにボサノバを聞くと、やさしい気持ちになる

ジョアンの歌声は特にその傾向が強い

「João Gilberto in Tokyo」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。