エコとは??

武田邦彦 著「間違いだらけのエコ生活」を読んだ

最近、新聞などのメディア含め『エコ』という言葉が頻繁に取り上げられていて、
なんの疑問もなく受け入れていたけれども、この本を読んで意外な罠にはまっているのではないか、
という気持ちが非常に強くなった

もともとアマノジャクな性格であるため、巷言われているエコなどを特別推進しているわけではないが、
エコバックを使用したり、ゴミの分別をしっかり行ったりくらいはしていた
(ゴミの分別は基本「燃やせ」の方針に変わったため、分別はラクになったw)
しかしその本質について考えてみたことはなかったため、この本を読んでいいショックを受けた

地球温暖化防止→CO2削減→省エネ等々・・・この図式に特別疑問を抱かないことがそもそも危機だと
メディアの報道等を鵜呑みにして、自ら考えることを止めてしまっていることこそが、一番危険な状態

だいたいよく考えてみれば、政治と経済なんてある程度癒着しているわけだし、
金銭的に潤う仕組みが世の中にある訳だから、現状のエコバックとか、電気自動車とか本当に環境のためなのか怪しい
どこかで儲けている企業があり、その活動があるかぎりCO2は排出されているし、、、

行政もチョー怪しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。